2017年9月18日 (月)

台風一過

 台風一過の、上天気。

 昨日は、多治見駅前の、酒と陶器のイベントにお出かけしました。

Photo_2

  怪しい雲行きでしたが、暑くもない、丁度よい天気。

Photo_3

    でも、電車が止まるのが心配で、4時頃に、おいとましました。

  さて 今日は、この地方台風の、吹き返しが、少しきついですが、快晴!

   取り外していた日よけも取り付けて‥

  本日営業です。(ただし、祭日営業ですので。午後7時までです)

2017年9月16日 (土)

暑さも、ほどほどに

  暑い間は、寄りつきもしなかったのに。少し涼しくなると、ひそかに、

 横で寝ていてびっくりします。

こんな姿で、テレビを見ていました。

 

 

  やっぱり興味があるのでしょうか‥。

Photo_2

 左の机の上にプーがいます。

2017年9月14日 (木)

お休みを頂いて、玉川蔵元研修へ



 京丹後市と言っても、分からないかもしれませんが、京都府と兵庫県との境。

ちょっと交通の便が悪い所なので、車に乗って、朝6時出発です。

11時には現地に着かねば。一路日本海を目指します。

 今回は初めて通る。高速道なので、ワクワク。

 米原までは名神、そこから北陸道で舞鶴へ、舞鶴若狭自動車道で、綾部へ。

綾部から、京都縦貫道に入り、天の橋立で普通道におり、ひたすら西へ。

久美浜の玉川到着

Photo

  ペンギンの アイスブレーカーや20度の生原酒でおなじみの蔵元さんです。

今日は、半日がかりで、蔵見学と、研修と全種の試飲です。

と いう訳で、泊るしかないのであります。ここには4年前にも来たことがありま

すが、その後、蔵が大きく変わったということで、見学も兼ねて。

Photo_3


まずは、招き猫さんのご挨拶。(舌を出

しているのは、毛づくろいの最中を写し

ましたので、けして、あっかんべーでは

ありません うちの猫より、ずーっとお

利口さんでした。)

  まずは、旧蔵からPhoto_12


 

 

新しい仕込み蔵Photo_14

大きくなった搾り機

Photo_17

  そして貯蔵蔵が2つになりました。

      熟成酒に力を入れたいとのことで、かなりおおきな保管庫

Photo_18                             
冷蔵設備の整った低温貯蔵蔵

Photo_20

 

 場所を移して、研修会と 試飲会

Photo_19

ずらりと並んだ酒、35種、一応全部試飲しました。(皆さんの為頑張りました)

 これから発売のひやおろし、お勧めです。

  旅の疲れとお酒の酔いとで、爆睡でした。

 

2017年9月 5日 (火)

まあ! 2ヶ月も お休みしてしまってました。

  酒屋は、夏は暇かと思うけれど、さにあらず、結構日本酒が売れるのです。

暑い日中、水分補給の為に水分を取ってお腹がいっぱいに、

 夜はスッキリと夏の酒と言うわけかな?という訳で、夏の酒!と 言いたい

けれど時すでに遅し!

 もう秋の酒が、ちらほらと‥

  でもここは夏の名残り酒。

Photo_2
             玉川アイスブレーカー、庭の鶯 いなびかり、鯨波夏吟、

Photo_3

                                         玉柏 澄み酒、百十郎青波

              どれも数本の在庫ですので、お急ぎください。

 

2017年6月27日 (火)

ひねり猫

    猫の体が、柔軟なのは、知っていましたが、

   こんな格好ができるとは驚きで、写メを撮ってしまいました。08_2
    手と足とが、反対方向に、大きなお腹が、丸見え!

   猫にとっても、梅雨は、やっぱりいやでしょうね。

    今までは、ソファーの上や、御父さんの机の上で寝ていたのに

   このごろは、脱衣所に置いてある。籐製の棚の上で寝ています。

   やっぱり、猫は、過ごしやすい所を探すのが、上手です。

2017年6月26日 (月)

酒の会に参加

  酒の会に参加しました。

  居酒屋さん主宰の酒の会です。

 長良川さんと、八百津の山田さんを囲んで、2つの蔵の酒を、飲んでみました。

 こんな会は、気楽でいいです。それぞれの蔵の生酒や、熟成酒、

夏限定のオンザロックで飲むお酒。

09

色どり野菜と、いくらのサラダ

10

        季節野菜のテリーヌ

Photo_2


  奥美濃古地鳥と九条ネギの焼き物。

 料理の中にも、練り粕のドレッシングが

かかっていたり、酒粕の真丈の包み揚げが

あったり、酒の会らしいお料理でした。

 鯛そうめんの〆、最期は、まっちゃ白玉ぜんざいでした。

 

     ごちそうさまでした。happy01heart04

2017年6月21日 (水)

夏の酒だよ!

  おまたせ!夏の酒!と言うか、スッキリ飲める酒のお知らせ。

まずは、岐阜から 美濃加茂の御代桜さんから

04

    う~ん写真が、うまく映ってないweep 

      写真の真ん中に、赤い字で「夏の純米」とあります。

    岐阜産「あさひの夢」70%精米  アルコール度15 日本酒度+6

     ラムネを連想させる甘みと 爽やかな酸 口中をさっぱりと

    洗い流す効果も期待できます。(御代桜 夏の純米パンフレットより)

 お次は東北山形より 麓井さん「フモトヰ 夏純吟」

05  

      山形県産出羽燦燦55%精米 アルコール度16 

   柔らかくスッキリとした味わいが得られる「出羽燦燦」を生かして、夏向きの

  純米吟醸。岩ガキやだだちゃ豆などと組み合わせて 山形の「涼」を

  楽しんでください。(酒の裏張りより)

 

さて、今回の最後は、夏に飲んでもらいたいお酒。岐阜の天領さん

「御嶽山氷雪貯蔵酒」06

  ひだほまれ50%精米 アルコール度17 日本酒度+1.5 

   ひだほまれ純米吟醸の新酒を雪の中に封じ込めることによって、

  最良の貯蔵状態となり、華やかな香りはそのままで、角が取れた

  まろやかな味わいに仕上がります。(天領酒造パンフレットより)

   暑い夏に、雪山を思い浮かべながら、先ず一杯。

 お店でまっていますhappy01

2017年6月19日 (月)

ひと月サボってました

  色々雑用で、と言い訳しつつ、サボってました。

まずは、花便り

01

いつもの、ミニバラが、まっ盛り、冬場の強選定が、甘かったので、葉っぱが

伸び放題。花が隠れています。

02

お隣のバラも、きれいに咲きました。うちの寄り、少しオレンジ色です。

 去年クリスマス用に買った、ポインセチアが、復活して、葉っぱを

付けました。 冬にすっかり葉を落としてしまったので、あきらめていたのですが

日向において水を遣っていたら、この通り。

03

でもこの花(?)は、これからが。大変そうです。

クリスマスまでに、葉が、どれだけ赤くなるか

楽しみです。

 

次は、また夏のお酒の、お話にしますね。

  では次回まで‥。

 

2017年5月21日 (日)

夏の酒 その2

 

   Photo各務原の林本店「百十郎 青波」

   五百万石 60%精米  アルコール15度  

 これこそ夏酒!というお顔のおさけです。

 もちろんスッキリ、味わえます。

08_3



下呂市 初緑「夏純吟無ろ過」

      兵庫県産山田錦50%精米

      アルコール15度

 

  後藤杜氏渾身の夏酒、今年は

 いかなる味わいか まずは一献。



 今回の2品はどちらも、火入れですので、常温保存できます。

2017年5月18日 (木)

夏が来た~!

 

 季節の一足先に、夏の酒が到着。

Photo 、瑞浪の若葉「夏の純米」

あさひのゆめとひだほまれ 60%精米  アルコール17-18度

 旨味のある夏酒です。


09_3



          徳島の芳水「純米吟醸 淡遠」

            福井五百万石55%精米

            アルコール13-14度

       日本酒のなまビールと、毎夏、大人気。

 

13_2

  55%精米羽島の千代菊「無ろ過純米原酒 う」

 アルコール16度

  無ろ過の純米吟醸ですが、生ではないので、県外のお土産に、最適


 順次、夏酒を、紹介していきます。

 

«連休終わりに。